愛情表現が下手なだけ…?

パートナーからの暴力を受ける中で、とても優しい時があったり、「ごめん!ごめん!」と泣いて謝られたりすると…。

愛情表現が下手なだけと思ってしまいますよね?

本当にそうなのでしょうか??

 

私も当時は、そう思っていました(^^)

暴力を振るう本人も、幼少期に父親から厳しく育てられ、愛情を注いでもらえなかった。       だから、愛情表現が下手なだけだと。

本当は、私は愛されているのだと。

でも、違うんです。

もちろん、全てが違うわけでは、ありません。                                                                        育った環境が影響がないわけではありません。                                                                       だからといって、暴力を振るう事を正当化するのは、間違いです。                                       同じような環境で育っても、暴力を振るわない人だって沢山います。

では、なぜ暴力を振るった後に優しくしたり、謝るのでしょう?                                         何故だと思いますか?

よく、飴と鞭の表現がありますが、まさにその手法だと思います。

飴と鞭とは、支配・指導する方法。                                           まさに支配する為です。

まずは、パートナーの暴力の後の優しい言葉や謝罪は、支配する為と認識する事が大切。   そもそも、人に暴力を振るわないのが、本当の愛である。                                                       どんなに怒る事があったとしても、暴力を振るわない人がほとんどです。                             愛情表現が下手?                                              本当にそれだけなら、ちゃんとした愛情表現を学びましょ!って言う簡単な話です(^^)

もし、貴方が心の何処かで                                 本当に愛されているの?と思いつつも、愛されているのだと信じようとしているのだとしたら、まずは体験カウンセリングでモヤモヤを晴らしませんか?

 

今日が、未来を想像する✨

貴方の未来に愛を込めて。
Take care of yourself.
DV解放カウンセラー                                        泉 和恵✨
お問い合わせは、こちら↓↓↓
LINE @